宇宙・人生の取り扱い説明書による物質界と精神界、魂と大きな魂

宇宙・人生の取り扱い説明書であるヴェーダのよると、全宇宙創造物には物質エネルギーでできている物質界と精神エネルギーでできている精神界があります。

物質界には、自分の心や体による苦しみ、他人あるいは他の生き物による苦しみ、天変地異による苦しみの3つの苦しみと、生老病死という4つの苦しみがあり、死後は生前の行為と死の時の意識(執着)によって、天界から地獄的な惑星まで彷徨っています。

一方、精神界には、3つの苦しみも4つの苦しみもなく、永遠で、知識(智慧)と至福に包まれた世界です。

ここでは、至上主であるバガヴァーンに、5つの関係(中立・主従・友人・親子・夫婦や恋人)で仕えることによって愛の喜びに浸っています。

その精神界の最高領域にあるのが、ヴラジャ、ヴリンダーヴァナと言われる場所で、根源のバガヴァーン(大きな魂)であるクリシュナと、自己を悟った生命体(魂)が楽しんでいる世界です。

この精神界のことは、この世界(物質界)のごく一部の自己を悟った魂のみが知っており、幸運にもそのような魂に接することのできた人は、その教えに従うことによって精神界に行く切符を得られるのです。

Jay Shree Radhe♡